夏の花の花言葉

カラーの花言葉/白だけじゃない。カラフルカラーは清楚で大胆!

Written by すずき大和


スポンサーリンク

カラーの和名は「和蘭海芋(オランダカイウ)」といいます。

外来のサトイモ科の花は“海外の里芋”という意味で「海芋(カイウ)」と呼ばれました。

カラーは江戸時代末期にオランダ経由で入ってきたので「和蘭海芋」です。

カラーの属名「Zantedeschia サンテデスキア」は、日本では「オランダカイウ属」です。

英名「calla」の由来は、

  • 花の形が修道女の襟(collar)に似ているから
  • 古代ギリシャ語の「καλος カロス(美しい)」が語源だから

というふたつの説があります。

花言葉もその花名の由来に影響されて生まれた言葉が並んでいます。



スポンサーリンク

カラーの花言葉

カラー全般の花言葉

『華麗なる美』
『乙女のしとやかさ』

白花の花言葉

『清浄』
『清純』

カラー・白


有色の花全般の花言葉

『清純さと勇敢さ』

ピンクの花の花言葉

『情熱』

カラー・ピンク


黄花の花言葉

『壮大な美』

カラー・黄


紫花の花言葉

『夢見る美しさ』

カラー・紫


西洋の花言葉

『magnificent beauty(華麗なる美)』(英)
『feminine modesty(女性のしとやかさ)』(英)
『pudeur(謙虚さ)』(仏)
『ardeur(情熱)』(仏)
『belleza(美しさ)』(西)

カラーってどんな花?

サトイモ科の花

カラーは球根性の多年草ですが、地下茎に芋はなりません。わざわざ「海芋」などと“イモ”を強調した名前がついたのは、サトイモ科の花の見た目の特徴があまりにも独特なので、一度インプットされてしまうと、多少形や色が変わっても、みんな「あ、サトイモ・・・」って思ってしまうからかもしれません。

太い茎の先に、くるっと紙を巻いたように、花びらの根本が巻き込まれるように咲いています。水芭蕉(ミズバショウ)やアンスリウム、めったに花が咲かず、咲くと話題になる世界一大きな花・燭台大蒟蒻(ショクダイオオコンニャク)などもみんなサトイモ科です。

花びらに見えるのは「苞(ほう)」と呼ばれるガクの変化したもので、本当の花は真ん中に出ている穂のようなやつです。カラーや水芭蕉のように花穂を包むように巻き込んでいるものは特に

「仏炎苞(ぶつえんほう)」

といいます。仏像の後ろについている装飾(炎を表しています)に似ているので、そう呼ばれるようになりました。

水芭蕉の花

水芭蕉


花言葉の由来

楚々としたイメージ

日本でも西洋でもウエディングブーケの定番として使われる、真っ白いカラーの花は、最もポピュラーな品種です。園芸で「オランダカイウ」というと一般にこの品種を指します。湿地性で水辺に咲きます。

冒頭でも触れましたが、白花の品種は、修道女の襟に例えられることもあり、また清流近くで咲く印象も重なって、清楚で慎ましやか、清純なイメージがあります。

『乙女のしとやかさ』
『清浄』
『清純』

『feminine modesty(女性のしとやかさ)』(英)

これらの花言葉は、そんな白花のイメージから生まれました。

色がつくとちょっと妖艶に

水辺ではなく畑で育てる品種は、白花のものもありますが、

「キバナカイウ」
「モモイロカイウ」

など、色味のある花が咲く品種が改良種含めたくさんあります。

純白の花びらだと物凄く清楚な感じなのに、ちょっと色が差すと、なんだか急に艶めかしい印象に変わります。この独特の花の形が、なぜだかとってもセクシーなものに感じられてくるようです。

『情熱』
『夢見る美しさ』

アンスリウムほどのドギツイ色でなくとも、ピンクや紫になると、不思議とホットな雰囲気が醸し出されてくるのでしょうか。

愛の国フランスでも、そんなカラーの2面性を

『pudeur(謙虚さ)』(仏)
『ardeur(情熱)』(仏)

というふたつの背反する印象の花言葉にしました。

日本の色味のあるカラー全般の花言葉は、この意訳みたいな感じがします。

『清純さと勇敢さ』

“慎ましやかであり、大胆でもある”みたいな魅惑的な響きです。

カラーは美の代名詞

Callaは女性の名前によく使われます。英語の「赤ちゃんの名付け」に関するサイトには、

Calla is of Greek origin, and its meaning is “beauty”.
(Callaは、ギリシャ語に由来し、その意味は「美」です)

と、お約束のように解説されています。英語圏の人には

Calla=「美しい」の意

というのはよく知られるトリビアのようです。

『華麗なる美』
『壮大な美』

『magnificent beauty(華麗なる美)』(英)
『belleza(美しさ)』(西)

古いギリシャ語の「καλος カロス」は、ただ美しいだけでなく、もの凄く特別に美しい、“究極の美”のような美しさを表したのでしょうか。それとも、花言葉がとっても「盛られている」のでしょうか・・・・?

「盛り」って、花言葉としては、よくあることなので(笑)。

カラーの基本データ

分類: サトイモ科オランダカイウ属
学名: Zantedeschia サンテデスキア(属名)
和名: 和蘭海芋(オランダカイウ)
別名: 海芋(カイウ)
英名: Calla lily,,Arum lily
開花時期: 4~6月 初夏の花
花色: 白、ピンク、黄、紫、赤、オレンジなど
草丈: 15~100cm 球根性多年草
花持ち期間: 7日前後
原産地: 南アフリカ


スポンサーリンク

筆者情報

すずき大和

花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。