冬の花の花言葉 春の花の花言葉

ノースポールの花言葉/冬のガーデニングに欠かせない白菊

Written by すずき大和

「ノースポール(North Pole)」

とは、“北極”のことです。真冬から咲きだし、春には株全体を覆うように白い花が満開になるので、一面真っ白な極地の世界の名が付きました。本当は

「カンシロギク(寒白菊)」

という和名があったのですが、「サカタのタネ」が商品名として「ノースポール」と付けたところ、そちらの名前の方が広まり、国内で一般化しました。英語名ではないので、海外で「North Pole」といっても通じませんよ。

真ん中が黄色、花びらが白のくっきりとしたコントラストの平咲きの花は、キク科の中の複数の属で見られます。花期はそれぞれ違いますが、真冬の時季から咲くのは、このノースポールだけです。

ガーデナーにとって、冬場の花壇にはすっかりお馴染みの花となっており、その辺の特別感が花言葉にも表れています。



スポンサーリンク

ノースポールの花言葉

『自分に誠実』
『冬の足音』
『高潔』
『お慕いしています』
『輪廻転生』

花言葉の由来

寒さに強く、冬に咲きだす

ノースポールは、草丈は20㎝前後と低いですが、四方に株が分かれて、ギザギザの葉をたくさん茂らせて広がります。花がだんだん満開になっていく光景は、なるほど、雪や氷が地面を覆っていくかのようです。

寒さにとても強く、秋にタネを蒔くと、ほとんど手間がかからず、正月前後から3㎝ほどの小さな花を咲かせていきます。白と黄色の花は、他の花色との取り合わせもよく、冬場の花壇の寄せ植えにとても重宝されています。

『自分に誠実』
『冬の足音』

は、寒さの中でも、律儀に芽を出し、元気に明るく花咲く姿に由来します。

キク全般の花言葉から

『高潔』

は、“菊の花言葉”からきています。

『お慕いしています』

も、スプレー菊(茎がたくさん枝分かれした先に花をつける菊の総称)の花言葉

『あなたを愛します』

からきていると思われます。

真冬から初夏までの長い花期

本来は多年草ですが、高温多湿に弱いので、日本では真夏には枯れてしまいます。とはいえ、年末から梅雨の直前まで、キク科の中ではかなり長い花期の花です。

『輪廻転生』

は、この花にしかない珍しい花言葉ですが、はっきりとした由来が分かりません。

ひとつひとつの花は一週間ほどしかもたないものの、次々と蕾を付けていく姿が、命が繰り返し生まれていくように見えたのではないか?

という仮説がありますが、妥当な気がします。

ノースポールってどんな花?

キク科の花は小さな花の塊

植物の分類は基本的に花の形態で分けます。キク科の植物は、小さな花がとてもたくさん固まって咲くことが特徴です。

ノースポールやデイジーも、

真ん中の黄色いポツポツ(筒状花:とうじょうか)と、

白い花びらのひとつひとつ(舌状花:ぜつじょうか)が、

全部それぞれひとつの小さな花なのです。

二転三転した分類

キク科の植物は、

“最も進化し、最も分化した植物”

といわれ、世界で2万品種以上あります。

一般的に“菊”と認識されているのは200品種ほどで、大雑把にいうと

  • 真ん中に筒状花がある平咲きの花
  • 半球状にたくさん舌状花が集まるタイプの花

に分かれますが、学問上は全部まとめて

「キク属(Chrysanthemumクリサンセマム)」

でした。

しかし、固まった花の形やその他の特徴があまりに様々違うので、1970年代に、10以上の属に次々と分化されていきました。

が、キク科の花は、科学的な特徴は違っても見た目の印象は同じに見えるものが多く、園芸界では、既に同じ仲間として統一名称で呼んでいたものも多々ありました。また、次々分化を繰り返す中、属が二転三転した品種もあり、随分と混乱しました。

ノースポールは結局

「フランスギク属(Leucanthemumレウカンセマム)」

に分化されました。が、未だに

「Chrysanthemum」

と呼ぶ園芸家は多いです。

日本でも、ノースポールが入ってきた1960年代、日本の菊と区別するため、外来種のいくつかは「クリサンセマム」と呼ばれていたため、園芸界では今も

「ノースポール(クリサンセマム)」

などと書かれることもあります。

日本語のネット記事でも、まだキク属になっている案内がたくさんあります。

種類の認識と花言葉

花言葉のくくりは、だいたい慣習的な種類分けに準じます。

日本では、“菊”は全般的な意味ですが、西洋で“Chrysanthemum”と呼ぶと、丸いやつを連想する人が多いです。なので、西洋の“菊全般の花言葉”もこのタイプを指します。

クリサンセマム


筒状花が真ん中にある平咲きの種は、全部まとめて

  • 英語圏では「デイジー」
  • フランス語圏、スペイン語圏では「マーガレット」

が普通です。

花言葉もその範囲でくくられます。

中には、「ガーベラ属」「コスモス属」など、独立して扱われる種もあり、これらは花言葉も別モノです。が、黄色と白の平咲き種は、みんな一緒扱いなので、ノースポールの独自の西洋花言葉はありません。

ちなみに、日本では、細かくそれぞれに花言葉がついています。

1,デイジー:『美人』『希望』『無邪気』

デイジー


2.マーガレット:『真実の愛』『恋占い』

マーガレット


3,フランスギク:『忍耐』『寛容』

フランスギク


4,シャスターデイジー:『すべてを耐え忍ぶ』

シャスターデイジー


見た目はほぼ同じなんですけどね。

ノースポールの基本データ

分類: キク科フランスギク属
学名: Leucanthemum paludosum レウカンセマム・パルドーサム
和名: 寒白菊(カンシロギク)
英名: Mini marguerite, Snow daisy
開花時期: 12~5月 冬~初夏の花
花色: 白
草丈: 15~30cm 一年草
花持ち期間: 5~7日
原産地: 地中海沿岸、北アフリカ


スポンサーリンク

筆者情報

すずき大和

花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。