夏の花の花言葉 春の花の花言葉

ハコベの花言葉/小鳥さん大集合!美味しい草場で待ち合わせ

Written by すずき大和

日本では、江戸時代の頃から、1月7日に「七草がゆ」を食べる習慣があります。

おかゆに入れるのは「春の七草」。季節の花々が並ぶ秋の七草と違い、おかゆのほうは、庶民に身近な代表的冬野菜と、どこにでも生えていた食べられる野草です。

  • 野草:セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ
  • 冬野菜:スズナ(大根)、スズシロ(かぶ)

21世紀の現在、東京などの都市部では、野草を5種全部自力で見付けるのは難しくなりました。それでも、ナズナ(ぺんぺん草)やハコベは、河川敷や駐車場の隙間など、雑草が生い茂りやすい場所で、今でも比較的よく見られます。

ハコベは、兎や小鳥の餌として、今でも野草摘みされることがよくあります。黄緑色の柔らかい葉っぱは、昔から野鳥や家畜が好んで食べました。花名や花言葉も、そんなところに由来しています。



スポンサーリンク

ハコベの花言葉

ハコベ全般の花言葉

『ランデブー』
『密会』
『愛らしさ』
『初恋の思い出』
『追想』

西洋の花言葉

『rendezvous(ランデブー)』(英)
『I cling to thee(あなたを離さない)』(英)
『Will you meet me?(今度逢わない?)』(英)
『rendez-vous(ランデブー)』(仏)
『welkom(ようこそ)』(蘭)

ハコベってどんな花?

ハコベは世界中に広まった雑草

ハコベ属の草は、世界中に分布する雑草です。120品種ほどあり、日本では帰化種も含めて20種弱見られます。

一般的にハコベと呼ばれているのは、

「Stellaria media ステラリア・メディア」

という品種です。和名は「小繁縷(コハコベ)」といいます。

もとは東アジアやインドが原産といわれていますが、先史時代から古代には全世界に広まって帰化していたようです。英語でも

「common chickweed(一般的なハコベ)」

と呼ばれ、西洋全体でも標準的な品種となっています。 

コハコベ


5弁の星型の花

学名「Stellaria ステラリア」は、ラテン語の「stella ステラ(星)」からきています。5弁の花びらの小さな白い花がたくさん咲く姿が、星を散りばめたように見えたところから付いた名称です。

コハコベの写真は、花びらが10枚に見えますが、実はひとつの花びらが付け根近くまで2枚に裂けているのです。日本の在来種のミドリハコベは、裂け目が花びらの先のほうで止まっているので、5弁なのがよく分かります。

ミドリハコベ


この裂けた花びらは、多くのハコベ属に見られます。日本で絶滅危惧種になっているエゾオオヤマハコベは、裂け目がたくさんでナデシコのようにも見えますが、元の花びらはやはり5弁です。

エゾオオヤマハコベ


花言葉の由来

ヒヨコグサ、ニワトリグサ

英名「Chickweed」は、「ニワトリの草」という意味です。ハコベの周りに、放し飼いの鶏やヒヨコがよく集まることから、そう呼ばれるようになりました。日本でも、ハコベには

「雛草(ヒヨコグサ)」
「雀草(スズメグサ)」

の別名があります。

『ランデブー』
『rendezvous(ランデブー)』(英)
『rendez-vous(ランデブー)』(仏)

これは、

“集まる・集合する”
“(約束して)逢う”
“待ち合わせ”

という意味の英語・フランス語です。宇宙船がドッキングする時なども日本語では「ランデブー」と普通に使っているので、そのまま日本語の花言葉にもなっています。

『密会』
『welkom(ようこそ)』(蘭)

これも、集会のイメージから生まれた花言葉です。

逢瀬の印

親しい者が逢う約束をする、といえば、真っ先にデートの約束が連想されます。そういう意味が示唆される花言葉も付いています。

『I cling to thee(あなたを離さない)』(英)
『Will you meet me?(今度逢わない?)』(英)
『初恋の思い出』
『追想』

英語では、デートのお誘い、というか口説き文句のメッセージになっています。が、日本語では、デートのイメージは現在進行形ではなく、過去の思い出のようです。なんだか国民性というか、お国柄の文化を表しているようです。

「デートなんて、若かりし頃の遠い思い出に過ぎない・・・」

なんていわず、日本人の皆さんも、中高年になっても、町のデートスポットで熱くランデブーしましょう。あ、もちろん長年連れ添うお連れ合いの方とですよ。

ハコベの基本データ

分類: ナデシコ科ハコベ属
学名: Stellaria ステラリア(属名)
和名: 繁縷(ハコベ、ハコベラ)
別名: 雛草(ヒヨコグサ)
    雀草(スズメグサ)
    朝白げ(アサシラゲ)
    日出草(ニッシュウソウ)
英名: Chickweed,Starwort,Stitchwort
開花時期: 3~9月 春~夏の花
花色: 白、緑色
草丈: 10~20cm 一年草・多年草
原産地: 寒帯から熱帯まで、世界中に広く生息


スポンサーリンク

筆者情報

すずき大和

花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。