春の花の花言葉

ハシバミの花言葉/スピリチュアルパワーみなぎる人類最古の友

Written by すずき大和
あれ・・・? 花言葉のサイトなのに、タイトル写真はどう見ても酒のつまみでしょ!?

と、思った皆さん、そうなんです。写真は美味しそうな「ヘーゼルナッツ」です。

これ、「セイヨウハシバミ(英名Common Hazel)」の実の殻を剥いた中身です。

今回は、

「ハシバミ(Hazel:ヘーゼル)」の花言葉のお話です。

多くの日本人はハシバミの花を知らないので、わかりやすく実の写真にしてみました。

ハシバミ属は、北半球の温帯全域に広く自生していますが、最後の氷河期以後、ヨーロッパ北部に分布拡大した最初の低木といわれています。太古の地層を調べると、他の木の花粉粒全部より、ハシバミの花粉粒のほうがたくさん見つかっています。

そんなハシバミは、先史時代から世界中で木材や食材にされ、更に呪術や御守など、スピリチュアルな場面でも広く利用されてきました。神話や伝説にも良く出てくる植物です。

人類最古の“生活の友”であるハシバミの花言葉は、西洋全域でだいたい共通しています。

花言葉というのは、由来が同じでも国(言語)によって言葉の表現は微妙に違ってくることも多いのですが、ハシバミについては、どの国でも全く同じ単語になっています。日本もそこに準じており、ほぼ世界共通の花言葉を持った花です。



スポンサーリンク

ハシバミの花言葉

ハシバミ全般の花言葉

『仲直り』
『和解』
『調和』
『一致』
『正義』
『賢明』
『平和』
『知恵』

西洋の花言葉

『Reconciliation(仲直り)』(英)
『Réconciliation(仲直り)』(仏)
『Verzoening(仲直り)』(蘭)
『Riconciliazione(仲直り)』(伊)
『Reconciliación(仲直り)』(西)
『Försoning(仲直り)』(スウェーデン)

ハシバミってどんな花?

季節によって変化する外見

まずは、ハシバミの花がどんなものか見てみましょう。

これは、日本原産のハシバミ(Asian Hazel:アジアン・ヘーゼル)です。

ハシバミの花


ハシバミは、春先、葉が出るより先にまず花が咲きます。縦にぶら下がるバナナのような黄色いものが雄花の花穂です。

同じ木に雌花も咲きます。雌花は花びらがなく、赤い花柱が芽からはみ出るように咲いています。

ハシバミの雌花


受粉後、花が終わると大きな葉がたくさん出てきて、夏はこんな感じになります。

ハシバミの木


やがて葉の付け根に大きな実ができます。

ハシバミの実


秋には美しく紅葉し、実は茶色く色付きます。

ハシバミの紅葉


アジアン・ヘーゼルの実も、日本や中国では昔から食用にされてきました。中国では今も年間2.5tが生産されていますが、ヘーゼルナッツの世界流通量に比べると、微量です。

殻を剥く前のハシバミの実はこんな感じ。どんぐりみたいですね。

ハシバミの実殻付き


花言葉の由来

スピリチュアルパワーの木

ハシバミの幹や枝は、様々な民族が日常生活の様々な道具として活用してきましたが、身近に使い込むうち、だんだん

  • 魔除けの御守
  • 豊穣のおまじない

など、スピリチュアルパワーが宿るといわれるようになっていました。

ケルト人の神話では森の聖木であり、英知の象徴でもありました。

  • 知恵
  • 霊感
  • 予見

によって、隠れたものを見つける力があるとされ、古代社会ではハシバミの枝をダウジングに使っていました。

『知恵』

の花言葉は、そんなところに由来しています。

ケリュケイオンの杖

ギリシャ神話では、太陽神アポロンが、神秘パワーのハシバミの木で作った「ケリュケイオンの杖」を持っていました。

異母兄弟の弟ヘルメスは、泥棒と嘘の才能を持って生まれました。赤ん坊のヘルメスは偽装工作を施してアポロンの牛を盗み、激怒したアポロンは弟を父神ゼウスの前に引き立てます。父に嘘を見破られたヘルメスは牛を返しますが、アポロンの怒りは収まりません。

しかし、ヘルメスが奏でた竪琴と葦笛をアポロンが気に入ったため、これらのものとアポロンのケリュケイオンの杖を交換して、ようやく仲直りとなりました。

この話から、ハシバミの花言葉

『仲直り』

は生まれました。

対立を和解する手打ち

『仲直り』

と直訳できる各国の言葉は、堅い文章の時などは、

『和解』
『調和』
『一致(合意)』

などと訳されます。アポロンとヘルメスのように、

“対立していた両者が、うまく折り合いをつけて手を打つこと”

を意味しています。

『正義』
『賢明』
『平和』

これらの日本の花言葉も、その辺の意味から拡大解釈したものです。

はしばみいろのひとみ

ヘーゼルカラー

英語圏では、「ヘーゼル」は瞳の色を表す色名でもあります。

かつてシェークスピアが「ロミオとジュリエット」の中で

「hazel eyes」

という表現をしたことに由来します。

ヘーゼルナッツの殻の光沢を帯びた色合いといわれますが、こんな感じの淡褐色(グリーンがかった茶色)の虹彩がヘーゼルアイです。

榛色の瞳


近代、英語圏の文化がたくさん入ってきた時、日本ではこれを

「榛色(ハシバミイロ)の瞳」

と訳しました。榛はハシバミの中国語表記です。

近代の日本文学では、しばしばこの表現が使われています。浪漫の時代を思わせる洒落た響きですが、最近はあまり聞かなくなりました。

ハシバミの基本データ

分類: カバノキ科ハシバミ属
学名: Corylus コルリス(属名)
和名: 榛(ハシバミ)
英名: Hazel
開花時期: 3月~4月 春の花
花色: 黄、ベージュ、ピンクなど
樹高: 1~2m 落葉低木
原産地: 北半球温帯地域


スポンサーリンク

筆者情報

すずき大和

花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。