冬の花の花言葉 夏の花の花言葉 春の花の花言葉 秋の花の花言葉

竹の花言葉/縁起物ですが、花言葉のテンションは西高東低

Written by すずき大和

問題です。

  1. 竹は木でしょうか?草でしょうか?
  2. 竹には花が咲くでしょうか?

竹の仲間は世界中の温帯地方に生息しています。日本ではとても縁起の良い植物で、お正月の飾りにもなっています。竹を加工した竹細工は、東洋では昔から日常の様々な道具として使われてきました。

そんな身近な竹ですが、案外知らないことが多いかもしれません。

西洋でも日本でも、竹には花言葉があります。
が、これは花についている言葉ではなく、竹そのものにつけられた花言葉です。

だって、竹に花が咲いたところ、見たことないでしょう?
竹は、一般的には「花が咲かない植物」と認識されています。

が、実は竹は、

“60~120年に一度一斉に花が咲き、花が咲くと一斉に枯れてしまう”

長い長いスパンの一年草とでもいうような、悠長なサイクルを持った、

“草みたいな,木みたいな植物”

なのです。



スポンサーリンク

竹の花言葉

竹全般の花言葉

『節度』
『節操のある』

西洋の花言葉

『loyalty(忠誠、忠義)』(英)
『strength(強さ)』(英)
『steadfastness(不動)』(英)
『oprechtheid(誠実)』(蘭)
『duurzaamheid(持続可能性、耐久性)』(蘭)
『bonne chance(幸運)』(仏)
『buona fortuna(幸運)』(伊)
『Viel Glück!(幸運を!)』(独)

竹ってどんな植物?

竹って何?

竹は、広い意味では、イネ科タケ亜科の中で、茎が硬く木質化するものの総称です。笹も竹もここに含まれます。学名では属ではなく「タケ連(Bambuseae)」としてひとくくりにされていました。

しかし、最近は特徴によっていくつもグループ(属)分けされるようになりました。大きく「竹」と「笹」と「バンブー」の3つのグループに分け、「竹」「バンブー」グループのものを西洋でも東洋でも、一般的に「竹」(英名:bamboo)と呼んでいます。

中でも代表的なのが、中国原産といわれる

「Phyllostachys フィロスチャシス」
(和名:マダケ属)

に含まれる品種です。西洋では、竹は梅と並んで“中国を象徴する植物”というイメージがあります。

  • 食用タケノコのポピュラー品種「孟宗竹(モウソウチク)」
  • 竹細工等の加工品材料の定番「真竹(マダケ)」

など、日本の竹林でよく見られる20m以上になる竹も、マダケ属です。

竹は木か草か?

イネ科ですから、広義の竹には草としての特徴があります。

  • 茎から葉茎が出て葉や花が付き、地下茎が伸びて繁殖し竹林や笹林を作ります。
  • 茎は硬く木質状になりますが、木のように年輪を作って成長していきません。
  • 成長のスピードも木とは比べ物にならないくらい早いです。

が、

  • 木質状の茎は草のものとは明らかに違います。
  • 60~100年以上生きます。
  • マダケ属は20m以上の高さまで伸びる種類が多いです。

これらの特徴から、専門家の間でも、竹は木か草か、意見が分かれています。

“木でも草でもなく、竹は竹”

という、特殊な扱いになっており、竹の茎は特別に「稈(カン)」と呼ばれます。

竹ってどんな花?

日本の代表品種マダケは120年に一度咲くといわれています。孟宗竹のほうは、67年に一度咲いたという記録が2回あります。また、一斉に花が咲いた後、一斉に枯れずに第2サイクルに入る竹もあります。

何にしろ、竹も笹も滅多に花が咲かないので、写真は少ないのですが、2016年、愛知県で「スズタケ」という竹の花が咲いた時のものがありました。開花の記録が他になく、100年ぶりとも120年ぶりともいわれニュースになりました。花の形は、やはりイネによく似ています。

スズタケの花


花言葉の由来

フシ

『節度』
『節操のある』

日本の花言葉の由来は、竹には節(フシ)があるからです。そのまんまですね。

まっすぐしなやかな強さ

『loyalty(忠誠、忠義)』(英)
『strength(強さ)』(英)
『steadfastness(不動)』(英)
『oprechtheid(誠実)』(蘭)
『duurzaamheid(持続可能性、耐久性)』(蘭)

ヨーロッパでは、竹は長寿や若さ、強さを象徴する植物です。
これらは主にマダケ属のイメージからきています。

マダケや孟宗竹は1日に1m近く成長し、冬でも青々と葉を茂らせ、20mを超える高さにまでまっすぐ伸びる勢いが、不動の強さのイメージにつながるのでしょう。

木よりもずっと細いのに、物凄くしなるので、強い風にも折れることなく、ぐいーんと曲げても必ずびよ~んと元に戻る耐久性は、忠義や誠実さの象徴とも見られています。

ラッキーアイテム

『bonne chance(幸運)』(仏)
『buona fortuna(幸運)』(伊)
『Viel Glück!(幸運を!)』(独)

長寿と若さと強さのシンボルですから、竹はまた、ラッキーアイテムとして捉えられています。

日本でも縁起物ですから、西洋の花言葉をそのまま取り入れてもよさそうなのに、日本の花言葉サイトをいくら探しても、「節」由来の花言葉だけしか見つかりません。多くの花の花言葉が、西洋のものの直訳や意訳であるのに、なぜ竹の花言葉は輸入しなかったのでしょう?

もともとマダケは東洋のものだから、ということもありますが、「竹の花」が、実は日本では「不吉なもの」となっているせいかもしれません。あんまりにも珍しいので、たまーに咲くと「何か悪いことが起きる」と、各地に伝えられているのです。

縁起物なのに・・・日本文化はややこしいです。

竹の基本データ

分類: イネ科マダケ属
学名: Phyllostachys フィロスチャシス(属名)
和名: 竹
英名: Bamboo
開花時期: 5~6月 ただし60~120年に一度
花色: 黄色、乳白色、ピンクなど
草丈: 3~25m 品種によりいろいろ
生息地: 主に東アジア
原産地: 中国


スポンサーリンク

筆者情報

すずき大和

花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。