冬の花の花言葉 春の花の花言葉

ボケの花言葉/ボケてません!日本人が大好き織田信長の家紋の花

Written by すずき大和

「ボケ」ってジョークみたいな花名だなぁ、と、初めて聞いた時は思いました。

べつに、コンビの「ツッコミ」って花があるわけでもなく、認知症にも関係ありません。

原産国中国でバラ科の果樹の表記「木瓜」がそのまま伝わり、「もっこう」という読みが「もっけ」「もけ」と変化して、最後は「ぼけ」になったと見られています。木瓜の由来は、瓜のような形の果実だったことから付きました。

現在の日本では、ボケは、果実より花を楽しむ庭木や盆栽のイメージが強い園芸植物です。品種は多い方で、熱心に育てる園芸家もいますが、一般的にはツバキや菊、バラなどに比べて地味な印象の花かもしれません。

が、木瓜の花と実の断面がモチーフとなった“木瓜紋”は、日本の五大紋のひとつとなっており、中でもボケの五弁の花を模ったといわれる

「五つ木瓜(いつつもっこう)」

は、日本人の多くから敬愛されている戦国武将“織田信長”の家紋として有名です。

ボケは、相反するような異なる意味の花言葉を複数持っていますが、いずれも由来がはっきりわかっていません。信長に由来すると思われるものもありますが、調べていくと、見た目が似た品種との区別があいまいで、実は謎の多い樹木あることがわかります。

ボケの花言葉

『先駆者』
『指導者』
『平凡』
『退屈』
『早熟』
『妖精の輝き』
『魅惑的な恋』


ボケってどんな花?

マニアに好まれる園芸種

ボケの渡来時期は、平安時代初期といわれています。すぐに帰化して広く自生するようになりますが、園芸種としてはそれほどポピュラーではなく、品種も少ないものでした。

大正時代に突如、新潟県新潟市と埼玉県川口市を中心に“ボケブーム”が盛り上がります。現在盆栽などで有名な「東洋錦」「日月星(じつげつせい)」という品種がこの時期生まれました。その後、昭和40年ごろに2回目のブームが起きて、以後数多くの品種の育種が進みました。

現在は200種以上の品種があり、寒咲き(11~2月)から春咲き(3~4月)まで、長い期間多くの品種を楽しむことができます。どちらかというとマニア向けというか、ボケを専門に探求する園芸家は決して少なくなく、特に花盆栽の分野では根強い人気があります。

花はボケ、実はカリン、街路樹はマルメロ

果実はとても良い香りを放ちますが、果肉が硬くて酸っぱいので、生食には向きません。主にジャムや果実酒にされてきました。レシピ投稿サイトなど見ると、庭にボケを植えている人が、秋に実を収穫して加工した自家製レシピが複数見つかります。

ボケの実

ボケの実


ボケの実は、昔から、疲労回復や利尿効果のある生薬として使われていました。乾燥させたものは「木瓜実(もっかじつ)」と呼ばれる漢方薬にもなっています。

が、しかし、中国の木瓜はボケだけでなく“カリン”や日本原産の近種“クサボケ”も含めて呼んでいます。更に、バラ科ではない“パパイヤ”も中国語では木瓜です。

そのため、日本薬局方外生薬規格では、“木瓜=カリン”と規定されています。

そのせいかどうかわかりませんが、現在青果市場で流通している木瓜は、ボケと表示されていても、実際はカリンの実です。

カリンの実

カリンの実


ついでにいうと、街路樹として植えられている木瓜やカリンは、ほとんどがマルメロです。マルメロ(quince)は欧州でポピュラーなバラ科の果樹ですが、実はボケの英語名は

「ジャパニーズ・クゥインス(Japanese quince)」です。

マルメロの実

マルメロの実


木瓜がストレートにボケを指しているのは、花木の園芸種の場合だけです。

ひとことに「木瓜」「ボケ」といっても、ちょっとややこしいのです。

織田木瓜紋についても、もしかしたらモチーフはボケの花ではなく、カリンの花や実だったのかもしれません。その辺りは、実際は謎です。

花言葉の由来

『先駆者』『指導者』

これは、織田信長にちなんだ花言葉ではないかといわれています。

ちなみに織田木瓜紋とは、こちら。八坂神社の家紋にも使われています。

織田木瓜紋


『平凡』『退屈』

花言葉サイトの中には、

“低木なので、小さい庭に植えられることが多かったから”


と、書いてあるものもありますが、本当のところはわかりません。

『早熟』

この由来情報は全く見つかりませんでした。

“成長が早く、枝の伸びもいいが、背丈は3m程度で止まってしまう”


という特徴があるので、もしかしたらそこから生まれた意味かもしれません。

『妖精の輝き』『魅惑的な恋』

これもさっぱりわかりません。そんなキラキラした印象の花ではなく、地味で堅実な見た目に感じますが、果実の甘い芳香のイメージでしょうか?

信長の生きざまと神秘の最期?

ボケの花言葉は謎だらけです。

決して平凡ではない才を持つ信長さんの、戦国の世を駆け抜けた生きざまは、確かに激しく輝いていました。本能寺の変の真相は、謎に包まれた部分もなお多く、歴史の神秘のひとつです。ボケのアンニュイさは、そんなミステリーと重ね合わせると、ちょっと魅惑的な気もしてきます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

筆者情報

すずき大和

花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。